トップLIFE 漢方・薬膳
漢方・薬膳
Tozawa / PIXTA
2021/09/23
「人生を爽やかにする植物」ハッカの効能と利用法

中国語の「薄荷」を、日本語で音読みするとハッカになります。ハッカと言えば、懐かしい思い出があります。子供のころの駄菓子屋で売っていた、白い三角形の板状になっている...

生活の中には、さまざまな毒素があります。甘草黒豆スープで、体内をデトックスしましょう。
2021/09/18
生活のいたるところに隠れている毒素 黒豆や緑豆にもう1つ加えたスープで体内をデトックス

汚れた水、鉛の入った食品容器、さまざまな添加物の入った食品、重金属に汚染された深海魚など、生活の中には毒素があふれています。これらの物質は、体内に入ると徐々に蓄積...

(HM / PIXTA)
2021/09/07
(HM / PIXTA)
抜け毛やはげの原因は健康状態 飲食で改善する方法も

健康な髪は美しさを増すだけではなく、冬の寒さや夏の日差しから体を守る効果や、体内の老廃物の一部を体内から出す作用があります。また、髪の特質を理解することで、髪の悩...

freeangle / PIXTA
2021/09/04
「畑の肉とは限りません」 おいしくて役立つ豆の話

中国大陸からもってきた「豆」がインゲン豆と称され、日本でも広く栽培されるようになった、と言われています。

【IWJ】Image Works Japan / PIXTA
2021/08/26
10か月で25㎏痩せた 漢方医から太りにくい体質にするためのアドバイス

日本でも有名な糖尿病医師で減量・漢方医の工藤孝文氏は、多忙で食事や運動がきちんとできなかったため、かつて体重が92kgに増えてしまいました。その後、自分の得意分野...

shige hattori / PIXTA
2021/08/21
キッチンにあるシナモンなど10種の食材は天然デトックス

私たちは普段の食事の中で、農薬、ホルモン残留、抗生物質、クレンブテロール、環境ホルモン、重金属、可塑剤など予期しない悪いものを口にしてしまうことがあります。断食で...

shizuku / PIXTA
2021/08/12
ゴーヤで熱を抑え心を和らげる、血糖値を下げ 健康に

ゴーヤには3つの種類があり、味や栄養密度が異なります。 どの種類のゴーヤを使っても、漢方や現代栄養学の観点から、体に良い効果がたくさんあります。

Ushico / PIXTA
2021/08/06
「お茶を一服どうぞ」あなたの更年期の辛さを和らげます

更年期の症状は人によって違います。 ある人は40代の初めに月経がなくなり、またある人は体の不調が5~10年続く人もいます。

Graphs / PIXTA
2021/07/22
漢方医・胡乃文おすすめ「エアコンの冷気から体を守る法」

エアコン使用が欠かせない猛暑の日々。体に当たる冷気によって体調を崩すことが多くなりますので、ご注意を。

(iStock)
2021/06/10
【医学古今】人生訓
適材適所

人にはそれぞれ、得手不得手があります。得意とする分野で自分の能力を発揮することができれば、より効率的に仕事を成し遂げるのです。故に、「適材適所」という言葉が生まれ...

(ぱくたそ モデル・恭平)
2021/06/06
医学古今
目の疲れは伝統医学で改善

パソコン、スマートフォン、テレビ、ゲーム機の普及とともに、VDT症候群(Visual Display Terminal)を患う人が増えています。デジタル機器を長時...

(iStock)
2021/06/04
医学古今
子どもの湿疹の原因は? 改善につながる大切なポイント

乾燥する季節。アトピーなど子どもの肌荒れに悩む親も少なくありません。悪化すると、病院でステロイドの薬を処方され、一時的に改善しますが、薬を止めればまた再発します。...

(iStock)
2021/06/03
【医学古今】陰陽で考える
火傷の手当て 古今の違い

熱湯をこぼす、調理油が飛ぶ、使用中のアイロンに触る。日常生活には火傷を負うリスクがそこかしこに潜んでいます。現代では火傷を負った時はまず水や氷で冷やすのが常識であ...

(iStock)
2021/06/02
人生訓【医学古今】
適材適所

人にはそれぞれ、得手不得手があります。得意とする分野で自分の能力を発揮することができれば、より効率的に仕事を成し遂げるのです。故に、「適材適所」という言葉が生まれ...

(iStock)
2021/06/01
「気」というエネルギ―
【医学古今】鍼灸治療と気功

鍼灸と気功。この二つは一見関係がないように思えますが、実際は非常に密接に関わり合っています。

桑の木は、葉、枝、皮、実まですべてが生薬になる(iStock)
2021/05/29
【医学古今】渾身の生薬
ー桑ー

糖尿病や高血圧、脂質異常症などに効く健康食品として、最近注目されている桑の葉。漢方医学では、桑の木はそのほとんどが生薬として使えます。桑の木は言わば「渾身の生薬」...

Kevin Dooley/Flickr
2021/05/28
薬食同源 
塩の薬用効果

食塩を薬として使用した歴史は意外にも古く、2千年前に編集された「神農奔走協」にはすでに、塩は死力を増し、気を益し、肌骨を強くし、肌膚を柔らかにし、毒虫を去る効果が...

滋陰貴妃湯を一碗飲み、足ツボをマッサージすることで更年期の症状緩和に役立ちます。(Shutterstock)
2021/05/24
更年期の症状緩和に役立つ「楊貴妃のスープ」 

更年期が近づくことを、ほとんどの女性は自覚できます。月経が不規則になるとともに、体がほてったり、気分が変わりやすくなったり、人によっては夜眠れなくなることもありま...

photoAC
2021/05/24
医食同源 日本料理にみる五行思想とその実践

本文は、中国伝統文化をルーツとする筆者からみた日本料理の合理性と、その食文化にもとづく日本人の健康についての理解を深めるものです。日本人の皆様にとりましても、この...

中国伝統医学は体の調整に重点を置きます。高血糖を改善して、糖尿病を防ぎます。(Shutterstock)
2021/05/22
高血糖でお困りの方へ 中国伝統の「お茶」で体質から改善

糖尿病は現代の「文明病」とも言われます。ただし、早期のうちに検査によって高血糖であることが発見されれば、日常生活のなかの過ごし方と食事療法によって改善することも可...

Pixabay
2020/04/29
骨粗鬆症に良い薬膳

加齢とともに起きる身体の機能退化には、薬物(治)療法より、日ごろの養生がもっと大切かもしれない。薬膳はさまざまな養生法の中のひとつである。

(Photo by David McNew/Getty Images)
2020/04/08
春の憂鬱、鍼灸で退治

春は陽気が上昇し、気分も浮き浮きして明るくなります。しかし、この時期に不安、不眠、憂鬱になる人もいます。このような患者は、漢方医学から見れば、肝臓の機能が弱い場合...

vivi14216 / Pixabay
2019/08/29
三国時代の名医、華佗の物語

華佗(かだ)は、字が元化で、名が敷と言い、後漢末期に生まれ、三国時代の名医でした。華佗は少年時代から故郷を離れ、遊学し、仕途を求めず医術を研鑽しました。彼は幅広い...

(Photo by David McNew/Getty Images)
2019/03/06
春の憂鬱、鍼灸で退治

春は陽気が上昇し、気分も浮き浮きして明るくなります。しかし、この時期に不安、不眠、憂鬱になる人もいます。このような患者は、漢方医学から見れば、肝臓の機能が弱い場合...

(Photo by Peter Macdiarmid/Getty Images)
2019/02/27
体質改善
病気だけじゃない 漢方治療

体質改善という言葉は、漢方治療の時によく使われます。つまり、漢方治療は症状を抑えることより、症状が生じた体質の状況を改善し、より根本的に病気治療することを目指して...

2019/02/23
肩こりに効くツボとは

肩こりの原因は非常に複雑である。精神緊張、眼精疲労、筋肉疲労、胃腸障害、生理不順、冷え性、呼吸器疾患などはすべて肩こりを起す可能性がある。肩こりを治療する場合に、...

GettyImages
2019/02/20
喉の痛みに効くツボとは

奇穴は正規のツボではなく、殆ど個人の経験によって見つけられた有効な治療点で、統一名なく、本によって記載する個数も違います。正規のツボは約360個あるのに対して、奇...

黄色いとうもろこしはカロテンを多く含む(Fotolia)
2017/04/20
トウモロコシで治す
血圧降下やコレステロールの低下に効果的

米や小麦と合わせて「世界三大穀物」と言われるトウモロコシ。とうもろこしのヒゲは漢方薬として利用され、利尿作用があります。また、血圧降下や血中コレステロールの低下、...

2015/07/15
日本における漢方の始まりⅡ

宋の時代(西暦1000年頃)に印刷技術が開発されると、多くの書物が出版物として世の中に広まるようになります。医書も数多く出版され、医学の知識は飛躍的にその水準を高...

医心方/ウィキペディア
2015/07/13
日本における漢方の始まり I

日本では今から約1500年前、点在的に地方社会が形成され、畿内(奈良~京都)を中心に大和朝廷が次第に体制を整えていきました。そんな中、医療分野においては古来の民間...

^