大紀元時報

【紀元曙光】2020年9月8日

2020年09月09日 02時16分

「全都完了!(何もかも、終わりだ)」。
▼農民の男性はそう叫び、号泣したまま、足を投げ出して座り込んだ。座ったその場所は、水たまりの中である。おそらく自分で手塩にかけて育てたであろう、トウモロコシの広大な畑。大紀元が伝える動画のなかで、その畑は、先日の台風による大雨で水没していた。日本の九州から朝鮮半島へ、刃物で削りあげるように北上した台風10号である。
▼場所は、中国の東北地方と思われる。彼が泣きながら手で起こそうとする茎の先には、見事に実ったトウモロコシがついていた。まさに収穫直前の作物がなぎ倒されて、泥水につかっている。かわいそうだが、ここのトウモロコシは全滅だろう。
▼日本であれば、限定的ではあるが、自然災害で農産物に被害がでた場合の補償や、農地再建に向けての公的な補助金が出る。農協で保険にも入っているだろう。中国の場合、筆者は聞いたこともないので、そのような農民へのサポートは皆無に違いない。被災者にわずかな救援物資を届けるなど、宣伝用の演出はするが、本気で農民を助けるつもりなど、当局にはさらさらないのである。
▼大声で泣いていた男性は、ただ家族と自身の生活を守るため、まじめに働いていた純朴な田舎の農民であったはずだ。天災とはいえ、中国共産党の悪行のとばっちりを受けて、このような地方の農民が悲惨な目に遭うのは気の毒としか言いようがない。
▼こうした悲劇が今、中国全土に、しかも無数にある。絶望ゆえの自殺者が多発してもおかしくない状況だが、死んではいけない。生きて、中共から脱党なさい。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^