大紀元時報

リンガーハット、香港から全面撤退

2020年07月31日 15時20分
香港にあるリンガーハットの将軍澳広場店は7月29日、閉店を発表した(Ringer Hut Hong Kongフェイスブックより)
香港にあるリンガーハットの将軍澳広場店は7月29日、閉店を発表した(Ringer Hut Hong Kongフェイスブックより)

長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」は7月29日、香港の最後の店舗を閉店し、香港から全面撤退することがわかった。中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染急拡大による影響とみられる。

リンガーハットは2013年、レストランなどを展開する香港の稲香控股有限公司(以下は稲香集団)と合弁会社、リンガーハット香港を設立した。これ以降、香港で九龍湾淘大商場(アモイプラザ)店、将軍澳広場店、黄埔店の3店舗を展開した。

将軍澳広場店は29日、フェイスブックで、閉店を発表し、日本語、中国語と英語で「さようなら」と書かれたメッセージを投稿した。同店舗は24日、中共ウイルスの感染急拡大で、店舗の営業を一時休止すると発表したばかりだった。

九龍湾淘大商場店と黄埔店はすでに相次いで閉店となっている。

リンガーハット香港のホームページは現在アクセスできない状態だ。稲香集団のウェブサイト上では、リンガーハットの店舗情報が削除された。

香港政府は27日、感染拡大防止措置を一段と強化するとして、7月29日~8月4日までレストランでの飲食を全面的に禁止し、公共場所でのマスク着用を義務化すると発表した。当局は今月の11~24日までの2週間、レストランなどへの入場制限措置を取り、レストランの収容人数は60%までと規定していた。

当局の措置で、外食チェーンは大きな打撃を受けた。稲香集団は29日、売上高の急減で上半期の赤字額は1億1000万香港ドル(約15億円)にのぼると公表した。

香港衛生当局の発表では、29日時点で、中共ウイルスの累計感染者数は3000人を超え、死者が24人となった。この日も新規感染者118人が確認された。新規感染者数は8日連続100人超となった。

(翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^